飲食店

広瀬すずルイビトンアンバサダーとはどれくらいすごい?【一覧】歴代アンバサダー

こんにちは!カシラギです!

女優の広瀬すずが「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の新しいアンバサダーに起用されたことが発表されました。

ブランドの精神と広瀬すずの評価や可能性が共鳴するため、アンバサダーに起用したそうです。

今回はこのアンバサダー就任がどれほどすごいことなのかお伝えできればと思います。

また広瀬すずもコメントしていた、ルイビトンファミリーにはどのような著名人がいるのかもご紹介します。

それではご覧ください!

広瀬すず就任にみる「ブランドアンバサダーとは」

ブランドアンバサダー

ブランド・アンバサダーとは、企業からの依頼で企業やブランドに対して好意的な発信や宣伝を行う人のこと。「ブランド大使」。報酬をもらって活動することがある。単に「アンバサダー」と呼ぶこともある。その企業やブランドの魅力を伝え広めることで、より多くの新たなファンを獲得する役目を持つ。著名人だけでなく、近年ではソーシャルメディアでの発信を軸にした一般人やインフルエンサーも多く参加している。

引用:https://makitani.net/shimauma/brand-ambassador

つまり、ルイビトンに知名度や実力を認められた広瀬すずのアンバサダー就任ということになりますね。

歴代のアンバサダーたち

ルイビトンのアンバサダーとして活動していた著名人には他にどのような人物がいたのか気になりますよね。

レア・セドゥ

Image by: LOUIS VUITTON

ルイ・ヴィトンは、フランスの女優レア・セドゥを、新たにメゾンのアンバサダーとして起用することを発表いたします。様々なスタイルを取り入れ、自らのあらゆる気まぐれを満足させるために果敢にチャレンジを続けるレア・セドゥは、ルイ・ヴィトン ウーマンを完璧に体現する存在といえます。様々な顔をもつ魅惑的な女優であると同時に、独立心あるモダンな女性です。

「フレンチエレガンスの力強い象徴として、そのイニシャルが世界中に知れ渡っている、ルイ・ヴィトン。このアイコニックなブランドのアンバサダーという大役をまかせていただけることを、心から誇りに思います。私は、ニコラ・ジェスキエールの作品、とりわけ彼の視点の斬新さを深く評価しています。また、常に新しいものを探し求めるという彼の姿勢も、とても素晴らしいと思います。」──レア・セドゥ

引用:LOUIS VUITTON HP

エマ・ストーン

Image by: LOUIS VUITTON

ルイ・ヴィトン ウィメンズ アーティスティック・ディレクター、二コラ・ジェスキエールのミューズ、そして友人であるエマ・ストーン。彼女はメゾンのアンバサダーの1人でもあります。話題の映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』ではレッドカーペットにも登場。人目を引く美しさとユニークな才能に溢れ、アカデミー賞を受賞したエマ・ストーンは、ハリウッドで最も注目の女優の1人という地位を築いています。

引用:LOUIS VUITTON HP

アリシア・ヴィキャンデル

Image by: LOUIS VUITTON

アリシア・ヴィキャンデルは、ルイ・ヴィトンのアンバサダーとして旅の真髄(こころ)をエレガントに、ありのままの姿で表現し、メゾンに寄り添ってきました。

女優として人気急上昇中の彼女は、1988年生まれの若さで既に多くの映画界をリードするプロデューサーや役者たちと共演しています。『アンナ・カレーニナ』ではジュード・ロウの相手役を、『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』ではアカデミー賞にノミネートされたマッツ・ミケルセンの相手役を演じました。多くの映画に登場した2015年には、アメリカのSF映画『Ex Machina』をはじめ、ヘンリー・カヴィルと共に映画監督ガイ・リッチーの作品『コードネーム U.N.C.L.E.』に出演し、『The Danish Girl』ではエディ・レッドメインやジュディ・デンチの、『Tulip Fever』 ではクリストフ・ヴァルツ相手役として、その魅力を放ちました。そして2016年には、監督デレク・シアンフランスの作品『The Light Between Oceans』 でマイケル・ファスベンダーの相手役として出演します。

引用:LOUIS VUITTON HP

ルイビトンファミリー

アンバサダーとして以外でも、ルイビトンとゆかり深く活動している世界的な著名人をご紹介します。

クリス・ウー

引用:http://mobile.japanese.china.com/411/20160922/765388.html

歌手、プロデューサー、俳優、そしてモデルとして活躍するクリス・ウー(呉亦凡)のクリエイティビティは尽きるところを知りません。新たなチャレンジへと立ち向かう彼の大胆不敵なエネルギーこそが、彼がルイ・ヴィトンの友人に相応しい人物である証と言えるでしょう。

引用:LOUIS VUITTON HP

ミランダ・カー

引用:FRONTROW

ミランダ・カーは1983年4月20日、オーストラリア ニューサウスウェールズ州にある小さな村、ガナダーで生まれ育ちました。

彼女のトップモデルとしてのキャリアは、1997年に友人がオーストラリアの国民的なモデルコンテストに彼女の写真を送り、優勝したことからスタートしました。それから間もなく、ニューフェイスとしてオファーが急増したミランダでしたが、彼女が本格的にモデルの仕事を始めたのは、高校を卒業してからでした。

高校卒業後、彼女はニューヨークへ移り、世界的に有名な化粧品ブランド「メイベリン・ニューヨーク」と契約。2008年には、ハイディ・クルム、ジゼル・ブンチェン、アレッサンドラ・アンブロジオなどのトップモデルと並んで、ランジェリーで有名なグローバル・ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の専属モデル「エンジェル」として起用され、オーストラリア人では初となる「ヴィクトリアズ・シークレット エンジェル」となりました。

以来、ミランダは注目のランウェイ、グローバル・ブランドのファッションやビューティ関連の広告キャンペーン、テレビのコマーシャルやビルボード広告を飾る顔として、華やかなキャリアを歩んできました。

ファッション業界以外でも成功を収めてきたミランダ。2009年には、数々のビューティー・アワードを受賞した、彼女自身のプロデュースによるオーガニック スキンケア認定ブランド『KORA Organics』を立ち上げ、また自身の人生経験に基づいた、現代の若い女性を応援することを目的とした書籍を出版。ビジネス・ウーマン、起業家、そしてベストセラー作家としても活躍しています。

ミランダは数々のチャリティ・プロジェクトを通じて、女性や子供たち、また健康や自然環境を保護するための支援を積極的に行っています。

引用:LOUIS VUITTON HP

まとめ

いかがだったでしょうか?

このようにみると広瀬すずが世界的なブランド、スターのファミリーとして活動されていくことがわかりますね。

これからのさらなる活躍に大いに期待しましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!