イベント

アベノマスクの福島県株式会社ユースビオってどんな会社?なぜ実在しないのか噂の真偽は?ペーパーカンパニーは違法

こんにちは!カシラギです!

新型コロナウイルス対策で政府が配布している妊婦用マスクに不良品が相次いだことで、製造企業の公表が求められていましたが、この度5社全ての回答がありました。

これまでに公表されていたのは伊藤忠商事、興和、マツオカコーポレーションの3社。

今回ユースビオ、横井定の2社が発表され5社すべてが公表されました。

この発表を受けて「ユースビオ」という会社の素性がわからないということが話題となっています。

アベノマスク問題

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って政府が配布を始めた妊婦用布マスクから不良品が相次いだことで納入したメーカーや製造元の公表が求められてきました。

カビが生えたものや、髪の毛の付着、ゴム紐の長さが違うなど、様々な欠陥が見つかったとされていたため、政府にはどのような会社にどのような経緯で依頼をかけたのか説明が求められていました。

利害関係も孕んだ選考だったのかなど、真偽の程はわかりませんが、怪しい点の多い一連のマスク配布対応でしたね。

そしてこの度関係5社が公表されました。

納品メーカ 製造会社

欠陥の多発した「妊婦用マスク」は介護施設向け2千万枚の中から50万枚を配布していたようです。

そのためこの50万枚に関わった納入業者として今回5社が公表されたという経緯でした。

そしてこの発表を受けて「ユースビオ」という会社の実態がわからないという投稿が多発しています。

ペーパーカンパニーではないか?

また利権か…

どうやら検索してみてもユースビオという会社には行きつかないようです。

そのためネット上では様々な憶測が飛び交っている状態です。

株式会社ユースビオ

実際検索してみると以下の情報へたどり着きました。

会社名 株式会社ユースビオ
郵便番号 〒960-8074
住所 福島県福島市西中央5丁目54番6号
法人番号 2380001028430
登録日 2017-9-4

法人番号は保有しているようですが、同じ住所に別会社もみられたり、ホームページや事業内容などが一切出てこなかったりと、ユースビオに関する情報が限りなく少ないようです。

これは何かしらの事情があるのではないかということで様々な詮索が始まっています。

政府はまた新たな問題の対応に追われることとなるかもしれませんね…

世間の反応

まとめ

いかがだったでしょうか?

闇の解明はコロナが収束してからにしてもらいたいですね。

政府も迅速な対応を毎日求められているので、超党派でコロナ難に対処してもらいたいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!