イベント

【マットキーオ選手死去】阪神活躍時代のホームランプレーハイライトやプロフィール死因も気になる!

かつて阪神のエースとして活躍したマット・キーオ氏が亡くなったと報じられました。

1987年に入団後、記憶に残る選手として多くのファンに愛されてきました。

ストレートとカーブを武器に数々の名場面を残したキーオ選手についてまとめました。

マット・キーオ|プロフィール

引用:livedoornews

 

【生年月日】1955年7月3日(64歳没)
【出身】アメリカ合衆国カリフォルニア州
【ポジション】投手
【投打】右投右打
【身長】190cm
【体重】86kg

引用:wikipedia

阪神タイガース入団時、チーム力は非常に軟弱でした。

入団から開幕投手を務めるなど、阪神タイガースのエースとして活躍されました。

ちなみに、入団一年目から開幕投手となったのはキーオ選手が初めてだったそうです。

3年連続2桁勝利を記録するなど、記録にも記憶にも残る選手としてファンから親しまれていたようです。

経歴

オークランド・アスレチックス (1978 – 1983)
ニューヨーク・ヤンキース (1983)
セントルイス・カージナルス (1985)
シカゴ・カブス (1986)
ヒューストン・アストロズ (1986)
阪神タイガース (1987 – 1990)

マットキーオ|プレー

投手ながら本塁打も数本記録していました。

64歳という若さでの死去

死因については明らかになっていないようです。

アスレチックスの80年代前半の“5人のエース”の1人だったマット・キーオ投手が、南カリフォルニアで金曜日に亡くなった。64歳だった。死因は明らかになっていない

引用:サンフランシスコ・クロニクル

まとめ

いかがだったでしょうか?

マットキーオ選手のご冥福を心よりお祈りします。