飲食店

コロナを作ったチャールズリーバーの容疑とは?画像やプロフィール(経歴)も気になる!

こんにちは!カシラギです!

アメリカがコロナウイルスを製造して中国に売った男として、ハーバード大学のチャールズ・リーバー博士を逮捕したとのニュースがありました。

しかし、本当にそんな人が逮捕されたのは真偽の程がわかりません!

もし、このニュースが本当なら非常に衝撃的なニュースですよね!

記事の内容やチャールズ・リーバー博士についてまとめてみたのでご覧ください!

ハーバード大教授チャールズ・リーバー博士・中国にコロナウイルスを製造販売したとして逮捕

逮捕に至るまでに、中国との関係において起訴されていたようです。

ハーバード大学教授と2人の中国国民が3つの別個の中国関連訴訟で起訴

司法省は本日、ハーバード大学の化学および化学生物学部の議長と2人の中国国民が中華人民共和国の支援に関連して起訴されたことを発表しました。

チャールズリーバー博士(60歳、ハーバード大学化学化学部長)は今朝逮捕され、刑事告訴により重大な虚偽、架空の詐欺的発言を行ったとして起訴されました。 リーバー氏は、マサチューセッツ州ボストンの連邦裁判所にいるマリアンヌB.ボウラー判事の前に今日の午後に出廷する。

中国人のYanqing Yeさん(29歳)は本日起訴され、ビザ詐欺を1カウントずつ起訴し、虚偽の発言を行い、外国政府および陰謀の代理人として行動しました。 あなたがたは現在中国にいます。

中国の国民である30歳のZaosong Zheng氏は、2019年12月10日にボストンのローガン国際空港で逮捕され、21バイアルの生物学的研究を中国に密輸しようとしたとして刑事告訴により起訴されました。 2020年1月21日、鄭氏は米国からの密輸品1件、および虚偽の、架空の、または詐欺的な発言をしたとして起訴されました。 彼は2019年12月30日以来拘束されています。

引用:https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51291.html

どうやら、リーバー博士はアメリカで研究を勧め流と並行して中国でも研究を行っていたようです。

中国の「千人計画」というプロジェクトにおいて法外な高待遇を受けており、本来ならばアメリカへそのことを報告すべきでしたが、それを怠っていた容疑であるようです。

研究者としてもノーベル賞級の博士であることから、コロナウイルスを製造して中国へ売ったと誤解されるような報道がなされたのかもしれません。

今のところ、コロナウイルスを直接リーバー博士が製造して中国へ売ったというような公式の報道は見当たりませんでした。

チャールズ・リーバー博士

プロフィール

1959年4月生まれ(60歳)。

スタンフォード大学卒業。

ハーバード大学、コロンビア大学、武漢理工大学で研究を進めるアメリカの化学者であり、半導体ナノワイヤーエレクトロニクスの世界的権威だそうです。

2012年にはウルフ賞化学部門を受賞するなど、数々の功績を残してきています。

逮捕されたのは2020年1月28日。アメリカから資金援助を受けながら研究をしていたにもかかわらず、中国のプロジェクトに参加していたことに関して虚偽の報告をしていた容疑でした。

まとめ

いかがだったでしょうか?

一部情報がデマのような部分もありましたが、コロナウイルスを製造販売したことが嘘とは言い切れない部分もありますよね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!