飲食店

MERSコロナウイルスに国内初で日本人が感染!ウイルスの感染原因や症状、危険性を調査!

こんにちは!カシラギです!

16日神奈川県在住の男性(30代)が国内では初となる新型ウイルス性肺炎に感染していたことがわかりました。

男性は今月に中国へ渡航されており、現地での感染だったようです。

中国ですでに死者を出しているこのウイルスについて今回は調べました。

それではご覧ください。

日本人男性感染についての詳細

厚生労働省は16日、中国湖北省武漢市に滞在歴がある神奈川県居住の30代の中国人男性が、新型のウイルス性肺炎に感染したことが確認されたと発表した。男性は症状が回復し、すでに退院した。日本国内での患者の確認は初めて。政府は、首相官邸の危機管理センターに15日付で情報連絡室を設置した。男性は武漢市に渡航中の今月3日に発熱し、6日に日本に帰国。10日に入院し、15日に退院した。国立感染症研究所の検査で新型のコロナウイルスの陽性反応が出た。武漢市では41人がこのウイルスによる肺炎と診断され、うち1人が死亡。多くが海鮮市場で働く人と客だった。

引用:東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020011601000877.html

ウイルスの拡散の危険性やどのような症状が発症するのか、非常に心配になりますね。

MERSコロナウイルスについて

男性が感染されたとされる、新型コロナウイルスとはいったいどのようなウイルスなのでしょうか。

感染履歴

調べによると、2015年の時点において1293人の感染、うち458人死亡しています。

感染地域は韓国・中国に拡大している模様です。

ウイルスの特徴

2002年に大流行したSARS(サーズ)と似ているが異なる種類のウイルスであるということです。

感染すると、死亡リスクが40〜50%程となる非常に危険なウイルスです。

通常の肺炎の症状がみられず、あるとき突然発症するそうです。

感染方法

感染方法は未だ不明のままですが、ウイルスの起源としてはラクダやコウモリが疑われているとのことでした。

まとめ

いかがだったでしょうか?

死亡リスクが50%もあるとのことで、非常に恐ろしいウイルスであることがわかりました。

詳細な感染方法も未だ不明のままのようで、不安が拭えませんよね。

最後までご覧頂きありがとうございました。