飲食店

【シュールズベリー戦】南野拓実公式スタッツ!シュート数わずか1本も現地メディアの評価は?

こんにちは!カシラギです!

イングランドFA杯4回戦VSシュールズベリー

リバプールの南野拓実は自身2度目となる先発出場を果たした。

試合は2点を先取するも追いつかれドロー。

再試合となった。

南野はフィルミーのと交代する85分までプレー。

今回はシュールズベリー戦南野拓実の個人スタッツと評価をみていきたい。

それではご覧ください。

シュールズベリー戦 個人スタッツ

南野拓実は85分プレー。その間のボールタッチ回数は39回。

パス成功率は88.9%(内キーパス1本)

シュート数は1本(シュートブロックに含まれる)

クロス0本

数字では印象の薄い内容となった。

現地評価

数字に現れない動きの質も含めて、今回の試合の南野はどのように評価されたのだろうか。

マーティン・キーオン(解説者)
「タクミ・ミナミノを中央で起用したクロップの判断は不思議でしかない。あのポジションならディヴォック・オリギが一番のオプションになると誰もがイメージするだろう」

イギリス「ミラー」
「テクニックに疑問の余地はない。しかし、センターフォワードの役割を担うには明らかに体重が軽い。ボールを奪われ、連係プレーで苦戦していた。でこぼこのピッチも彼らの助けにならなかった。ミナミノのフィジカルでは、格下との試合で特に厳しいものになる。それに、39分のチャンスの場面ではボールを枠内に飛ばすことができず、9ゴール11アシストを記録したザルツブルク時代には遠く及ばなかった。試合序盤には2度、ボックス内でチャンスになりそうな場面があった。良い動きも見せていたし、常にフリーの状況を作ろうとしていた。何度かボールを受けに下がった場面もあったが、最初の20分は少なからずインパクトを残した」

引用:goal.com

まとめ

いかがだったでしょうか?

まだチームに十分フィットしていないようですね。

クロップの元、覚醒することを期待しましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!