飲食店

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」のメインビジュアル(ポスター)がかっこいい!なぜこのデザイン?意味やデザイナーも調査!

こんにちは!カシラギです!

2020年1月19日NHK新大河ドラマ「麒麟がくる」のメインビジュアルが公開されていますが、このビジュアルがかっこいいと話題です。

今回はデザインに込められた意味やデザイナーが誰なのかといったテーマで調べてみました。

それでは早速ご覧ください!

メインビジュアル

引用:https://natalie.mu/eiga/gallery/news/359349/1295966

こちらが「麒麟がくる」のメインビジュアルです!

主演の長谷川博己さんをシンプルに配置し、ゴールドの背景とかすれた甲冑が絶妙にマッチしています。

ビジュアルに込められた意味

制作統括の落合将氏はメインビジュアルについて以下のようなコメントを残しています。

「麒麟がくる」メインビジュアルができあがりました! タイトルバックを手掛けてくれたチームが「麒麟がくる」の世界観をそのまま一枚に焼き付けてくれました。光秀の兜の前立てにも使われていた不動明王のイメージさながらに中央に立ち尽くす長谷川さんの光秀は、困難な乱世に立ち向かう強い意志に満ちています。そして大きなアンバーの空白はまだ見ぬ希望と平和の象徴・麒麟を待ち受けるたくさんの人々の願いを表しています。争いごとを人間はどうしたらなくせるのか。500年前の日本人にとっても、2020年に生きる僕たちにとっても、切実なこのテーマにこのドラマで挑みたい、そんな思いに満ちた一枚をつくっていただけたと思っています。

引用:ナタリー https://natalie.mu/eiga/news/359349

不動明王

引用:wikipedia

デザインを手掛けたのは誰?

落合氏のコメントにもあるようにタイトルバックを手掛けたのは「チーム」とされているため、特定のデザイナーから発信されたものではないようです。

しかし、調べていると長谷川博己さんが着ているこの衣装をデザインされている方がわかりました。

このビジュアルの衣装、甲冑ですが色使いや全体的な雰囲気がどこか洗練されていて、現代的なかっこよさも感じられますよね。

今回「麒麟がくる」の衣装デザイナーは黒澤和子氏。

黒澤明を父に持つ彼女の代表作は以下の通り。

黒澤和子主な作品

夢 (1990年 衣装〈手伝い〉 黒澤明監督。衣装主任はワダ・エミ)
八月の狂詩曲 (1991年 衣裳デザイン 黒澤明監督)
まあだだよ (1993年 衣裳デザイン 黒澤明監督)
雨あがる (2000年 衣裳デザイン 小泉堯史監督)
阿弥陀堂だより (2002年 衣裳デザイン 小泉堯史監督)
海は見ていた (2002年 衣裳デザイン 熊井啓監督)
たそがれ清兵衛 (2002年 衣裳 山田洋次監督)
座頭市 (2003年 衣裳デザイン 北野武監督)
隠し剣 鬼の爪 (2004年 衣裳 山田洋次監督)
博士の愛した数式 (2006年 衣裳コーディネーター 小泉堯史監督)
花よりもなほ (2006年 衣裳 是枝裕和監督)
武士の一分 (2006年 衣裳 山田洋次監督)
どろろ(2007年 衣裳デザイン 塩田明彦監督)
怪談(2007年 衣裳デザイン 中田秀夫監督)
シルク(2007年 衣裳デザイン フランソア・ジラール監督)
明日への遺言(2008年 衣裳デザイン 小泉尭史監督)
歩いても歩いても(2008年 衣裳デザイン 是枝裕和監督)
私は貝になりたい(2008年 衣裳デザイン 福澤克雄監督)
アウトレイジ(2010年 衣裳デザイン 北野武監督)
一命(2011年 衣装デザイン 三池崇史監督)
アウトレイジ ビヨンド(2012年 衣裳デザイン 北野武監督)
清須会議(2013年 衣装デザイン 三谷幸喜監督)
そして父になる(2013年 衣装デザイン 是枝裕和監督)
龍三と七人の子分たち(2015年 衣装 北野武監督)
とと姉ちゃん(2016年 衣装監修、NHK)テレビドラマ
海よりもまだ深く(2016年 衣装 是枝裕和監督)
忍びの国(2017年 衣装デザイン 中村義洋監督)
アウトレイジ 最終章(2017年 衣裳 北野武監督)
西郷どん (NHK大河ドラマ) (2018年 衣装デザイン 、NHK)テレビドラマ
マスカレード・ホテル(2019年 衣装デザイン、鈴木雅之監督)

引用:wikipedia

めとめ

いかがだったでしょうか?

イメージビジュアルの完成度が高いだけにドラマの内容も気になりますよね。

放送は2020年1月19日からです!

最後までご覧頂きありがとうございました!